スーパーモトについて

異種格闘技バイクレース・スーパーモト

数あるバイクレースの中でも、バイクの異種格闘技として知られているレースが、スーパーモトです。
正式名称、スーパーモタードと呼ばれるこちらのレースでは、舗装されたコースと未舗装のダートコースが入り組んでいるロードを駆け抜け、1位を競い合います。
スピード重視のレースですのでマシンの俊敏性はもちろんのこと、ダートレースを駆け抜けられる安定性能、それぞれのコースを走りきる運転技術など、様々なスキルが必要なレースです。

オンロードとオフロードが入り交じっているマシンですので、マシンに関して特に厳しい指定はありません。
オンロード専用、オフロード専用マシンで参戦する方もいれば、モタードに特化したマシンで参戦する方もいます。
ただし基本はオンオフロード両方走れるタイプのマシンを選ぶ方が多いため、各社から発表されているモタードマイクも少なくありません。

スーパーモトは1979年頃から続く

スーパーモトの歴史は遡ること1979年頃。
アメリカのテレビ番組である「スーパーバイカーズ」がきっかけとされています。

当時バイクレースが一大ブームを巻き起こしていましたが、ロードレースやモトクロスレースなど、数あるレースの中でも結局どのタイプのレーサーが一番速いのかという疑問から番組がスタート。
それぞれのオートバイレーサーから当時大人気だったレーサーが一同に介し、スピードを競い合う超人気レーシング番組となったのです。

この番組にはケニー・ロバーツやジェイ・スプリングスティーンなど当時の有名レーサーが続々と参戦。
バイクレースの垣根を越え、人気レーサーとして世に名を轟かせるレーサーが続出しました。
またスーパーモトレースそのものも一般に定着する事となったのです。

代表的なモタードマシン

スーパーモトでは様々なモタードマシンがレースに参戦しており、そのルックスに惹かれるライダーも多いです。
モタードバイクは各社から発表されています。
ホンダのXR400モタード、ヤマハのWR250X、スズキのDR-Z400SMなど、いずれもスマートでクールなモデルが目白推しです。

スーパーモト用レースマシンはいずれもオフロードバイクをベースにして作られており、耐久性能や安定性能に特化しています。
そのベースにオンロードタイヤを履かせてオンロードでスピードが出るように工夫がされたカスタムをされており、オンオフ両用のマシンに仕上っているのです。
カスタムの仕方は各社によっても多少異なりますが、いずれも歴史に名を残すほどの名バイクとしてライダーを虜にしています。

スーパーモトの歴史が始まってから現在に至るまで、様々なレーサーが参加し続けるスーパーモト。
見ているだけでも大興奮の人気レースですので、レース好きにはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です