カワサキの歴史がギュッと詰まった「カワサキワールド」

カワサキの歴史がしっかりわかるカワサキファン必見のカワサキワールド

大人も子供も楽しめる、特にカワサキ好きには最高の場所となるのがカワサキワールドです。
カワサキワールドは神戸海洋博物館と一緒になっているスポットで、神戸海洋博物館では海や船・港を体感できる様々な展示があります。

海から神戸が始まり未来に船出するというコンセプトを持ち、神戸開港120年記念事業としてオープンした施設です。
船に利用されている航海計器やジオラマ模型などもあり、船や海が好きという人なら確実に楽しめるでしょう。

カワサキワールドでカワサキの歴史を深く理解できる

同じ施設内にあるカワサキワールドは川崎重工グループの企業ミュージアムで、120年という長いカワサキの歴史を堪能できる施設となっています。
ここでは川崎重工グループが作り出したたくさんの製品などを見て・触れて楽しむことができるので、物作りが好きな人やカワサキのマシンが好きなライダーたちにも見てほしい施設です。

造船業か総合重工業へ発展していった長い歴史を持つカワサキ重工グループは様々なものを作り出してきました。
この施設には船舶模型や人気のブルーインパルスなどの模型、さらにロボットアームなども展示されており川崎重工グループの歴史と技術力の高さを感じることができるのです。

バイクファン必見!歴代マシンがこれでもかと展示されている

カワサキのバイクといえば世界にも名だたるマシンを作り出し知名度も人気の高いバイクがたくさんありますが、歴代のマシンもレースに利用されたマシンも数多く展示されているのです。

さらに!実際にマシンにまたがることができる体験コーナーやサーキットの模擬走行ができるライディングシミュレーター「RidEX(ライデックス)」もあります。
身長140cm以上の人ならライディングシミュレーターを体験できるので、これは是非体験してほしいです。

陸のゾーンの新幹線・海や空のゾーンもある

陸のゾーンのコーナーでは0系新幹線の先頭車両が実物展示されています。
客室や運転席などに入ることができ、鉄道模型ジオラマブースではHOゲージサイズの模型操作があり子供たちに大人気です。

物作りシアターでは海のゾーンもあり船舶の進水式など普段見ることがなかなかできないところを3画面のマルチ画面で体験、水上バイクのゲームも人気となっています。
空のゾーンにいくとバートルKV-107Ⅱ型ヘリコプターの実物が展示され、操縦室の見学もできるのです。
神戸空港の離発着を体験できるフライトシミュレーターでパイロット気分を満喫、この施設ではこうした色々な体験ができることも魅力となっています。

このほか工場で働くロボットたちが動きながら技術を説明してくれたり、カワサキ製品の技術をキャラクターが動画で紹介するなど飽きることのない展示が評判です。
海や船の歴史を知ることもでき、カワサキの魅力あるバイクも堪能できる幅広い世代を満足させるカワサキワールドは一度遊びに行ってほしい場所といえます。

カワサキワールドへのアクセス情報

場所は神戸市中央区波止場町2番2号、神戸海洋博物館内にあります。
電車を利用する場合は市営地下鉄海岸線「みなと元町駅」から徒歩10分程度、JR・阪神「元町駅」からは徒歩15分程度、神戸高速阪急・山陽「花隈駅」から徒歩15分です。

車で育場合は阪神高速道路京都ランプから5分、ハーバーハイウェイ新港ランプから5分くらいで到着します。
シティループヲ利用する場合は地下鉄三宮前(南行き)へ乗車し15分、中央堤(ポートタワー前)下車で徒歩1分くらいで到着です。
車でいく場合の駐車場は周辺にある有料駐車場を利用することになります。