所ジョージが遊び心を追求したモーターブランド「SNAKE MOTORS」とは

誰もが知っている所ジョージさんのバイク好き

所ジョージさんといえばバイク、遊び心いっぱいに色々な遊びを一生懸命にこなす事こそ、所ジョージさんの心情、遊びの情報発信基地「世田谷ベース」はその拠点です。

所ジョージ流の遊びは様々な面に広がりを見せていますが、中でも彼のバイク好きは有名です。
世田谷ベースによく遊びに来るという北野武さんもそうですが、遊び心を忘れずに遊びに邁進する事が出来る大人というのは本当にみていて楽しいです。

自由気ままに遊ぶことができる秘密基地のような世田谷ベースでは、所ジョージさんが社長、会長に北野武さんを迎え新しくモーターブランドが登場しています。
その名も「SNAKE MOTORS」です。

北野会長のために所社長が1台のバイクを制作するということから始まったこのブランド、実際にはこのバイクがかなり本気で、雑誌の企画から飛びした夢の企画として注目が集まりました。

SNAKE MOTORS・K-16の4種類のモデルとは

このブランドのモデルラインナップは4種類あり、そのすべてに共通しているのがハードテール採用のオリジナルフレーム、空冷単気筒横型エンジンです。
フレームは曲線を実にうまく利用していて、オールド、クラシックのようなイメージを持っています。

ハンドルは低く構えられていて、その独特の雰囲気が魅力的なバイクです。
ダイレクトな乗り心地をライダーに提供してくれるハードテールもこのバイクの特徴的な部分で、他のバイクブランドには出せないたくさんの魅力が詰まっているバイクなのです。

50ccモデルもあるので普通免許を持っている人なら乗る事が出来るというのも、このブランドバイクの特徴的な部分です。

KITANO PEPLICAは元々KITANO SPECIALとして作られた1台だったのですが、北野社長がこれ、量産化してみてもいいんじゃないの?という一言で市販されることになりました。

KITANO PEPLICAは、KITANO SPECIALを忠実に実現したモデルということで、限定500台の販売です。
フレームネックにシリアルNo.プレートが装着されていて、サイドゼッケンもシリアルナンバーと同じ数字という拘りが嬉しいです。

自分だけの1台が手に入るという魅力がありますし、ラインナップとしては50ccのみという、誰でも乗る事が出来るバイクとなっていることが特徴なのです。

遊び心だけじゃなくクオリティも保証も万全

デザイン性を高めるというだけではなく、形を作る部分からしっかりこだわった部品を1台ずつチェックしながら最終仕上げしています。
実に高いクオリティを持っているバイクであり、様々な世代にオススメできるバイクなのです。

北海道から沖縄までこのバイクを購入する事が出来、アフターサービス、メンテナンスもしっかりしているので誰でも安心して購入、乗る事が出来ます。
ちなみに、バイクの保証は1年間、この個性あふれる最高のバイク、購入したいという人が多くなるのではないかと思います。