4台のバイクを乗りこなす!つるの剛士

え?スーパーカブ4台を乗りこなしている?つるの剛志のバイクライフ

芸能界の方々の中にはバイクが好きということを公言されている方が多いのですが、バイクフリークとして有名なのがつるの剛志さんです。

バラエティタレントとしても人気がありますし、俳優、また歌手としても大人気、さらに主婦層からは最高のイクメンパパとして、憧れの存在でもあります。
お子さんたちの育児に積極的に取り組み、育休をとった芸能人としても有名です。

つるの剛志さんは高校の頃から趣味がオートバイというほどのオートバイフリークで、現在は最強のバイクと自他ともに認めるホンダの名車、スーパーカブを4台も乗りこなしているといいます。

バイクにめちゃくちゃこだわっていることではないといいますが、乗り始めるととにかく夢中になってしまうといいます。
スーパーカブ以外、ドゥカティ400SSは、18年も乗っているという愛車で、このバイクに奥様をのせてプロポーズしたというロマンチックな思い出のあるバイクです。

最近は長女をこのバイクにのせて塾に送り、奥さん以外でタンデムしたのは初めて、でも懐かしい感じがあったと思い出を語っています。

超スタンダードバイクとして持っていてほしい

スーパーカブは世界でも質の高いバイクとして愛用されている方が非常に多いのですが、彼にとってスーパーカブはやはり最高のバイクです。
つるのさんいわく、スーパーカブは超スタンダードバイクとしてバイク乗りは1台持っておくべきといわれています。

少し前のカブは鉄のフレーム、この鉄のフレームが最高でまずはこの1台、さらにビンテージのカブもいい味出しているということでこれにも興味をもって1台、そうすると色々な年代のカブが欲しいと欲が出てきて、結局今スーパーカブを4台保有されているのです。

つるのさんが保有されているバイクは、1976年式の通称カモメカブ90cc、70cc、さらにもっともよく乗っているという110ccのスーパーカブ、最後に部品を取るために購入した1台があります。

奥様は同じ物を何台も・・・と全く納得されていないようですが、つるのさんにはどこ吹く風、それだけスーパーカブの魅力が深いのです。

オークションサイトで車体、部品を探す日々

ひたすら毎日カブを検索しているというつるのさん、オークションサイトを利用する時にも、車体や部品など細かくチェックしているといいます。
何度も同じ言葉や同じ製品を検索していると、広告もその製品がらみになっていくものですが、つるのさんの画面はスーパーカブの広告ばかりとなっているようです。

ちょっとそこまで買い物という時でも足回りがいいし、キャンプにいったり畑仕事にいったりという時でもこまめに動かすことができる、つるのさんにとってスーパーカブは使い勝手のいい相棒的な存在となっています。