定期的な点検が長持ちの秘訣

バイクの点検の重要性

セルのバイクなのだが、セルを使用することができず困っている。
今はキックでなんとか始動させているが、ブレーキの効きもよくないし、
異常にガソリンの減りも早くなった。どういうことだろうか。

まず、自分でバイクの点検をしてみることです。
初心者で「どこを点検していいか解らない」という場合は、
バイク専門店に持っていって必ず点検をしてもらって下さい。
この状態でバイクに乗り続けるのは本当に危険です。

「ブレーキの効きがよくない」とありますが、そのまま道路を走り続けて、
途中でブレーキが効かなくなったら大変なことになってしまいます。

自分が怪我をする可能性が高くなるだけでなく、
まったく関係のない歩行者やドライバーを巻き込んでしまう可能性があるからです。
ただちにバイクに乗ることをやめ、バイクショップに持っていって点検をしてもらって下さい。
バイクショップでは、きちんと点検を行った上で、問題がある箇所に関しては修理をしてくれます。

バイクをはじめとする車にとって、まず大切になるのが「タイヤ」「ブレーキ」です。
このふたつの調子が悪いのに、乗り続けるというのは、誰から見てもご法度。

なにかあった時にブレーキが効かなければ、転ぶ可能性もぶつかる可能性も高くなりますし、
タイヤが磨り減っていればきちんととまることができなくなる可能性も出てきます。
走っている最中にパンクすることがあると、命に関わる事故になる可能性も出てきます。

点検を甘くみないで

バイクに関わらず、車は一定期間ごとに点検が必要ですし、点検を行った後でも、
「調子が悪い」というところがあれば、すぐに見てもらうことが大切。

「バイクは事故を起こす可能性もある乗り物である」ということを
肝に銘じて乗り続けなければなりません。事故は、一度起こしてしまえば取り返しがつきません。
後から「点検しておけばよかった」と思っても、遅いです。

バイクの扱いに慣れている人だと、点検を甘く見る人もいるみたいですが、
バイクを大切にしている人ほどバイクのことを大切にしますので、点検は欠かしません。
また、悪いところがあればきちんと直します。バイクの調子がおかしいな?と思ったら、
気づいて早めに直すのがバイク好きなのです。

ガソリンが減っていくということだけ見れば「キャプレターの調子が悪い」ということが
考えられますが、これだけではなんとも言えないでしょう。ブレーキのききが悪いとなると、
やはり点検をしてみなければなんともいえない・・・というのが本当のところです。

とりあえず、一度点検に出してみて、悪いところがあったらしっかりと治して乗ることをお勧めします。