メンテナンスしないと可哀想だよ

まあねー、バイクに乗るんだったらちゃんとメンテナンスをして、状態を整えてあげないといけないよね。
バイクは乗り方によっては摩耗が激しくなるので、僕は定期的にメンテナンスをしています。
バイはね~。ほら、車と違っていちいち、むき出しだから、こっちが頑張ってやらなきゃいかん乗物だよね。
そういう手がかかるところも、バイクの面白いとこだと思うんだ。
そんなバイクだけども、まあ可愛がるならメンテナンスが基本中の基本。
というわけで、ここでは「メンテナンスについて」をする方法について挙げていこうと思います。

ここで、絶対にチェックしておきたいメンテナンスをしたい部分について書いていきましょう。
とくに「メンテナンスは自分でしたい」と考えている人に、この記事は読んでほしいです。

ブレーキに関しては、必ず見ること!

まず、当たり前ですが「ブレーキに関しては必ずチェックする」ということを忘れないこと。
ブレーキが効くかどうかは必ずチェックしてください。
万が一の場合、ブレーキが利かないということになるとそれは事故の原因になりますので、きちんとその点を把握した対応をすることが必要になりますね。
バイクなら、ブレークキャリバー、ブレーキマスターを必チェックしておきましょう。
自分でメンテナンスができないというひとは、バイクをかったところに持って行ってチェックをしてもらうといいかも。このブレーキに関してはかなり重要なものになるので、チェックを忘れないでください。
また、ブレーキのメンテナンスなら「ブレーキパットが摩耗しすぎていないか」などをみましょう。
どれの調子が悪くても問題なので、きちんと見ておくことが大事です。

チェーン!チェーンは必ず見てね!

皆さんは、日ごろバイクをどこに置いているだろう?
ちゃんと、屋根があるところのしたにおいていますか?
もし「雨にさらしっぱなしで特に何のメンテナンスもしていない」ということなら、メンテナンスをする時にチェーンの状態は観た方がいいかも。
雨や雪に振られると、チェーンは劣化してしまうので何とかする必要があります。
チェーンが劣化したら大変なので、そこはチェックして「劣化していないかどうか」を見ておいた方がいいかも。
で、必要なら交換してあげましょう。
そうしないと、万が一の時にチェーンがさびてしまって使い物にならなくなってしまいます。

この様に、チェックする癖をつけておくことは本当に大切なので、それを癖の様にしてしまうといいかもしれませんね。