クラッチレバーが重い時、どうするの?

クラッチレバーが重い

バイクに乗っていると、時にはクラッチレバーが重いと感じることもあります。
特に大型バイクや古いバイクだとそうなることが多く、時には新しいバイクでも重いと感じる人もいるでしょう。
クラッチレバーが重いと、走行では不安に思うこともあります。
やはり重いというなら、何かしらバイクに異常が出ている可能性があるので、それを確認して修理すべきです。

重い原因

・クラッチディスクの摩耗または錆び

クラッチディスクは、クラッチを操作して動力を伝えるのにとても重要な部品です。
この部品が摩耗していたり錆びていたりして、正常に動作しないようになるとクラッチを動かすと重く感じます。
切り替えるときも上手くいかないことが多くなるので、この現象だとすぐにわかります。
錆びた場合はオイルをさせば軽くなることもありますが、摩耗しているなら交換が必要です。

・クラッチワイヤーのオイル切れか切断

クラッチワイヤーはクラッチに力を伝える重要な働きをします。
ワイヤー式だと、オイルがなくなると動きが悪くなり重くなります。
クラッチの握りのオイルがなくなっていることもあります。
このどちらかの場合は、オイルをさしてあげれば軽くなることも多いです。

ワイヤーが切れていて、動力が伝わらずに重い場合もあります。
切れているような時は、クラッチ自体を交換しないとなりません。

・クラッチ内部の問題

ワイヤーやディスクの問題ではなく、整備不良であったり、ネジや部品が緩んでいたりすることや、パーツの劣化によって重くなることもあります。
中古バイクの場合は、もしも買う前に整備してもらっているなら、クラッチ内部の整備が十分でないために、乗っていると次第に不良を起こしてクラッチが重くなります。
もしもワイヤーやディスク交換、オイルをさしたりしても改善されない場合は、オーバーホールして見てもらった方が良いかもしれません。

オーバーホールの前に

クラッチが重くなる原因は、ワイヤーやディスクが原因のことも多いです。
もしも重いと感じるようになったなら、部品交換やオイル追加などを試してみるべきです。
まずはそのようなことを行ってみましょう。
もしも自分で出来ないなら、バイク屋でやってもらいましょう。

それでも改善しないならオーバーホールを考えるようになります。
ただしオーバーホールしてもらうとなると、数十万円から100万円以上もお金がかかりますので、必ず最初は部品交換やオイル追加などを行ってから、それでもダメならオーバーホールを考えるべきです。
そしてオーバーホールするとなるとそれなりのお金がかかりますので、場合によっては新車や中古車を新しく買う方が安上がりかもしれません。