エンジンのかかり方が弱く、困っています。

エンジンのかかりが悪い

まずは、「セル」が解らない人の為に少し解説を。
通常、バイクのエンジンはキックすることでかけることができますが、
「セルモーター式のバイク」だと、ハンドルについているボタンひとつで
エンジンをかけることができます。

バイクに乗ったことがある人ならわかると思いますが、
キックでエンジンをかけるバイクだと、結構な力が必要になります。

更に、失敗すると足に怪我をすることもある為(よほどでない限りありませんが)、
今はセルモーター式のバイクが人気を集めているようです。
確かに、大きなバイクになると足で始動させるのは難しいですよね。

さて、そんな「セルでバイク始動ができない、あるいはエンジンのかかりが悪い」
ということは割りとあるみたいです。エンジンをかけても、通常の力強い音ではなく
軽い音しか鳴らない・・・という症状が出ることがあります。

バッテリーやオイルを確認しても、特に大きな問題はなく、
「どうしてエンジンがかからないのか解らない」という状態の場合、
どこを改善すればエンジンがきちんとかかるようになるのか?と悩んでしまいますよね。

対処法

こういう場合、やはり問題は「バッテリー」「セルモーター」にあることが多いです。
よく「バッテリーは問題ない」と判断する人もいるのですが、バッテリーは意外に早く
劣化してしまうこともあり、「バッテリーを交換したら症状が改善した」ということも多いです。

バッテリーが劣化していると、電圧が下がりますので、
小さな音が鳴るだけでエンジンがかからなくなることがあります。

バッテリーに問題はなさそうだけど、エンジンのかかりが良くないという場合は、
オイル交換を試してみるのも手かもしれません。

また、セルに問題アリでも似た様な状態になることがあります。
どんな症状が出ているかにもよりますが、セルに問題アリと判断された場合は、
セルの内部にあるブラシを外して交換するか、セルモーターアップセンブリを
取り替えるという処置をすることになります。

とりあえず、バッテリーの様子を見て交換してみて、
それが駄目だったらセルモーターの様子を見るということでどうでしょうか。

一見問題がない様に見えても、調べてみると故障していたということもありますので、
どうしても原因がわからない場合は購入したバイクショップに持ち込んで調べてもらうと
良いかも知れません。

自分でやろうとしても、解決できない時はショップを頼った方が良いです。
こういう時の為に、すぐに頼ることができるバイクショップがあるといいかもしれません。