異音から症状を調べよう!

バイクの異音

バイクで走っていると、時には異音が出ることもあります。
この異音はバイクの異常を知らせる重要な音なので、異音があればすぐにバイクの状態をチェックすべきです。
異音があるのに、そのまま点検せずに走っていると、突然エンジンが止まり事故を起こすこともあり危険です。
異音にはいくつかの種類があるので、それぞれの音でバイクがどのようになっているか見てみましょう。

異音の種類とバイクの状態

・シャーガラガラガラ
この音はバイクでよく発生しやすいです。
もしも乾式クラッチを使っているなら、普通にこのような音が出るので問題ありません。
またそれ以外のバイクでも、このような音は故障でなく仕様で音がすることもあります。

ただし中には熱ダレという、バイクのエンジンが高熱になり、シリンダが膨張して歪んでいたりすることもあるので、その場合に走るとエンジンが止まることもあります。

・ガラガラ
ガラガラという音はタペットのバルブが閉まらなくなってしまうときに発生します。
通常でもカチカチぐらいの小さな音は出ますが、これがガラガラと大きな音になってきたらバルブ異常が考えられます。

この状態でも走ることは出来ますが、エンジンパワーが不足したり燃費が低下したりして、最終的にはエンジンは止まってしまいます。
早めに修理した方がいいでしょう。

・バリバリ
走行中にバリバリやバタバタという音がするなら、それは排気漏れが疑われます。
パッキンの役割のガスケットが緩んでいたり、排気関係のパーツのどこかのネジが緩んでいたりする可能性があります。
ガスケットを交換したり、緩んでいるネジを締めると音は無くなります。

・カンカン
エンジンの回転数を上げるとカンカンという音がするなら、ノッキングという状態になっている可能性があります。
ガソリンと空気の比率が悪かったり、点火のタイミングが悪かったり、エンジンオイルが劣化していたりと、エンジン関係でトラブルが予想されます。
放っておくとエンジンが焼き付くので、早めに点検して修理すべきです。

異常を確認する方法

もしも異音がするなら、シリンダーヘッドカバーを外して、金属が削れていたり、溶けたり焼き付いていたりしていないか見ましょう。
異音がする場合は、シリンダーヘッドの異常が一番可能性が高いです。

バイクに異常があるなら、通常はオーバーホールになりますが、最近のバイクはオーバーホールを考えて作られてはいません。
一部のパーツの取り替えや修理で直らないときは、オーバーホールも考えることになります。
バイク屋でもオーバーホール出来るところは限られているので、そこを探して頼むことになるかもしれませんが、オーバーホールすると100万円以上かかるので、新車を買う方が良いかもしれません。