寒い日にオススメのバイクアイテムは?

ウィンタージャケットの選び方

普通乗用車と異なり、バイクは体を外に晒すことになります。
つまり、冬になれば「冷たい風をまともに浴びる可能性がある」と言うこと。

雪が少ない地方なら、気温が高めなのでまだ何とかなりますが、
氷が張る様な地域だと、外でバイクに乗るのも一苦労。
寒くても体が凍えない様な対策をした上で、バイクを利用したいものです。

まず、用意したいのはウィンタージャケット。
これは、風や雪、雨などから身を守ることができるジャケットのことです。
バイクに乗る時は、洋服にもそれなりの機能性が必要になりますが、
防寒対策もしっかりとしておかなければなりません。

ウィンタージャケットには、その人に合わせた色々な種類がありますので、
吟味して自分に合ったタイプのものを選んでいきましょう。

まず、「動きやすいタイプのウィンタージャケットがいい」と言う人には、
ショートタイプがいいです。ランディングしやすいジャケットを!と考えている人だと、
裾が長いタイプのジャケットは動きを制限される様な感じがありますので、短い方がいいのです。

しかし、ショートタイプのジャケットだと、どうしても裾から風が入りやすいです。
「防寒」と言う意味のことをいうと、ちょっと不向きかもしれないですね。
逆に、「防寒」を重視したいと考える場合は、ロングタイプのジャケットがいいでしょう。

ロングタイプのジャケットだと、裾から風が入りませんので、
寒い冬でもしっかりと風から身を守ることができるでしょう。

雪がたくさん降る地域や、寒さが厳しい地域などは、このロングタイプのジャケットがいいです。
少しでも、寒さをしのぎたいという人にはこちらのタイプのジャケットがオススメです。
また、お洒落にこだわる人にはレザーでできているものや、カジュアルなタイプのものがありますので、
利用してみて下さい。

リストバンド

それから、よりしっかりと防寒をしたいという人には、リストバンドがオススメ。
リストバンドをつけていると、袖から風が入りにくくなりますので、寒さをよりカバーすることができます。
いくらグローブをつけていても、グローブと袖の間から風が入って寒い…などということはよくある話。

これでは、いくら防寒をしても寒さから逃れることはできません。
だから、リストバンドをしてしっかりと袖をカバーするのです。
袖の上からリストバンドをつければ、より寒さを軽減することができます。

色々な方法を使って、きちんと寒さから身を守りましょう。
この様に、季節に応じたバイクアイテムがありますので、
そういったものを利用しながら、ライダー生活を快適なものにしていきましょう。