レインウェアの選び方

安全のためにもレインウェアは必需品

走行中の突然の雨、これほど憂鬱なものはありません。
思いがけない雨で濡れると、服が体に張り付いて運転しやすいだけでなく、不快ですし、体温も奪われてしまいます。
事故を起こしやすくなるので、晴れていてもレインウェアを備えておきましょう。

バイク用のレインウェアは、高速でバイクを走らせても水が染み込まない生地が用いられており、縫製にも気が配られています。
また、風が当たってもバタつかず運転しやすいようにデザインされているので、一般的なレインウェアではなく、バイク用のものがおすすめです。

雨天の走行で必要な雨具は、レインウェアだけではありません。
シールド付きのヘルメット、レイングローブ、ブーツカバーも用意しましょう。

レインウェアを選ぶポイント

レインウェアの選びときは、次の点をチェックしましょう。
まず、防水性です。
耐水圧が高いものがおすすめです。
そして、通気性の高さもチェックしてください。
耐水性が高くても蒸れやすい素材のものは不快感を高めます。
理想的なのはゴアテックス素材のもの。
耐水圧が極めて高く、しかも通気性も確保しています。

携帯しやすいことも、選ぶときの大切なポイントととなります。
通勤など街乗りが殆どという方は、コンパクトで持ち運びしやすいものがおすすめです。
携帯性に優れたレインウェアの場合、生地が薄くなって雨の冷たさを感じるなどのデメリットもありますが、バイクの収納スペースに入れておけるので、持ち運びのストレスがありません。
通勤などで毎日のように街なかを走るバイカーにとって、持ち運びやすさは最大のメリットです。

ヘルメットにこだわろう

レインウェアだけでなく、ヘルメットにもこだわりましょう。
ヘルメットはフルフェイスタイプなど、顔をしっかりとガードするものがおすすめです。
雨天の走行では、真正面から雨を浴びることになります。
雨粒が顔を叩きつけると、かなりの衝撃が加わります。
シールドが目の周りだけのオープンフェイスのヘルメットでは、雨水が顔に当たって、とても痛い思いをします。
まともに走れなくて事故を起こす原因にもつながります。
フルフェイスタイプや、ジェットタイプを選びましょう。

レイングローブも忘れずに

レイングローブも必需品です。
冷たい雨がグローブから染み込むと指先が冷えて、操縦ミスを起こしやすくなり危険です。
雨水を通さない防水タイプか、レイングローブを使いましょう。

そして、バイクブーツが防水仕様でない場合は、ブーツカバーも用意しましょう。
防水仕様のブーツであっても、強い雨の場合は水が染み込むことがありますから、バイクブーツでガードすることをおすすめします。

雨天のバイク走行は、事故を起こしやすく危険です。
雨が降ったときのために、万全の備えをしておきましょう。