冬用のグローブがほしいなあ

冬用のグローブっていいよね

寒くなると、やっぱり冬用のグローブが欲しくなるよね…。
なぜ冬用のグローブが欲しいのかって?それは、寒いと本当に手がかじかんでしまうから(汗)。
冗談じゃなく、これってライダーにしてみれば大きな問題だと思うのね。

冬にバイクに乗ってみると、本当に手が痛くなりますよね。
バイクって、風がダイレクトに手にくるじゃないですか。
だから、本当に、グローブが欲しくなるんだよね。

冬になると毎回「グローブが欲しいなあ」と思ってしまう…。
そこで、今回は冬用グローブについて書いてみたいと思います。

グローブマジ大事!ほんと大事!

冬用グローブは本当に大事。
なぜなら、手がかじかんでしまうと肝心な時にバイクの操作ができなくなってしまうため。
冬の風は人から体温を奪うだけじゃなく、手の自由も奪ってしまうんですね。
だから、そうならないようにグローブで自衛しなくちゃいけないってわけです。

これ、本当にちゃんとやっとかないと「あやうく事故」なんてことになるから注意した方がいいですよ。
本当にね、グローブをちゃんとつけないと手が思うように動かなくなるから。
かといって、機能的じゃないグローブをつけるのもお勧めしない。

だって、ハンドルさばきは本当に大切だからね。
それが自由にできなくなるみたいなグローブは絶対に就けちゃいけないわけ。
だから、グローブ選びは大事なのです。

グローブ選びのポイント

僕がいいなと思っているのは、防水加工がきちりしてあって風がなかに入らないタイプのもの。
いくらしっかりとしたバイクでも、風が手袋の中に入ってきたら手がかじかんで
動かなくなってしまうじゃないですか。だから、そういうのしっかりしてる手袋がいいですねー。

中には、手袋の上からリストバンドをして、風が入らないようにしている人もいるって。
これはいいアイディアなんじゃないかと思う。

冬用のグローブって、やっぱり本当に大切なものだから、
みんなそれなりに気を使って使っているんじゃないかと思う。
かといって、暑くなっても問題だから選び方が問題なんだけどね~。

あと、グローブは夏と冬でかえることが大事だよね。
夏は夏で、どうしても暑くて蒸れるから、どうしても涼しいタイプのグローブが必要になってくる。
だから、ちゃんと使い分けることが必要。

バイク乗りだって楽じゃないのだ。好きでやってることだから苦じゃないけどもねー。
いやいや、今年こそ新しい冬用グローブを買わなくちゃいけない。
どこのメーカーがいいかなあ…。