ヘルメットにもいろいろある

バイクを乗るときには欠かすことのできないアイテムである、ヘルメット。
バイクに乗るときのヘルメット着用は法律で義務付けられていますから、
バイクに乗るのであれば必ず必要になるアイテムとなります。

しかし、初めてヘルメットを買おうと店に足を運ぶと、
その種類の多さに困惑する人も少なくないかもしれません。
そのくらい、バイクのヘルメットの種類というのは多種多様なのです。

その分類方法もいろいろありますが、
まず大きく分けられるのが外見上の形状による分類ではないでしょうか。
まず、顔をどのくらい覆うのか、どのような形をしているかなどによってまず分類されます。

フルフェイス

バイク用ヘルメットと聞いてまず思い浮かべるのは、
顔をすっぽり覆う「フルフェイス」ではないでしょうか?

これは、半球状のヘルメットで目の周囲だけが透明になったもの。
しっかりと顔を覆うことができるので、事故にあった時などに保護する力が高いので、
バイク乗りにはよく選ばれています。

システム

しかし、その一方で暑苦しくていやだと感じる人もいるようで、そのような人たちが選ぶのが、
ヘルメットの前の部分を上部に挙げて顔の前の部分をあけることのできる仕組みをそなえた
「システム」というタイプ。

このタイプは、顔とヘルメットの前の部分に少し隙間があるので息苦しさが解消され、
眼鏡をかけた人でも使いやすいといった点に人気があります。
息苦しさを解消しつつ、安全性を維持するのであればこのタイプが妥当といえるかもしれませんね。

開放感のあるヘルメット

また、より開放感を重視したいと考える人であれば、
顔の前の部分に軽量なプラスチックの覆いを付けた「ジェット」タイプ、
そして小型や原付であれば、帽子のように頭にかぶるハーフタイプなどでも以下もしれません。

また、形だけでなく、色やデザインにもさまざまなバリエーションが
あるのがバイク用ヘルメットの楽しいところ。

たとえば、同じフルフェイスタイプであっても、シンプルな色使いのものから、
ヘルメット全体に模様の書かれたものまであり、さらにカラフルな色使いや花の模様などが
描かれて女性ライダーにも使えそうなデザインのものまであるんですよ。

ヘルメットというのは、バイク本体に並んでバイク乗りにとってはパートナーとも言える重要な存在。
楽しく安全なツーリングのためにも、ぜひともじっくりこだわって選んでいきたいものですよね。