グリップヒーターの選び方

指を温めて事故を防ぐグリップヒーター

冬場や雨天での運転で、指先が冷えるのを防いでくれるグリップヒーターは、ライダーの負担を軽くし、事故防止にも役立つパーツです。

グリップヒーターとは、ハンドルのグリップカバーにヒーターが取り付けられたパーツで、グリップを温めることで、ライダーの指先も温めてくれます。
一度グリップヒーターを装着したバイクに乗ると、その快適さが実感でき、冬場などの走行でいかにありがたいパーツであるかが理解できると思います。

しかし取り付ける時に、今まで使っていたグリップの取り外しや電気系統の配線などの手間がかかるので、バイクのカスタマイズに慣れていない人には、取り付けるのが面倒と感じられることもあるでしょう。

装着が簡単な巻き付けタイプ

グリップヒーターは年々性能が上がっており、種類もさまざまです。
最も取り付けが簡単なのは、巻き付けタイプのものです。
このタイプのものは、今使っているグリップの上に巻きつけて使うので、グリップの取り外し作業が不要で、装着しやすいのがメリットです。
グリップヒーターの取付作業で最も面倒なのが、グリップを取り外す作業です。
グリップは簡単に抜けないように、接着剤でガッチリと固定されており、簡単に取り外せないので、巻きつけるだけで装着できるのは魅力です。
しかしその反面、保温性のが弱い上に、電気系統の配線の取り回しも行う必要があります。

種類が豊富な交換タイプ

最もポピュラーなのは、グリップ交換タイプです。
今使っているグリップを取り外して、グリップヒーターと取り替えます。
ポピュラーなタイプだけに、さまざまな種類のものがあります。
スイッチでヒーターのオンオフが可能で、なかには温度を調節できるものもあります。
冬用の厚手のグローブでもスイッチ操作がしやすいものがおすすめです。

グリップヒーターの価格はピンからキリまでですが、ネットなどでは比較的リーズナブルな商品も多く販売されており、なかには1,000円台のものもあります。

ただ、あまり安価なものは取替の手間ヒマをかけても、効果が低い製品が多いので注意が必要です。
おすすめなのは、愛車のメーカーが販売している純正品です。
純正品は最低でも5,000円以上し、一般的な相場は1万~1万2000円程度となっています。

グリップヒーターは冬場はもちろんのこと、夏場でも山岳ツーリングや高原地帯のツーリング、雨天時などに手が冷えたときに使えます。
指先が冷えると、正確で繊細なグリップ操作ができません。
安全かつスポーティーな走行を実現するためにも、グリップヒーターの装着を検討されてはいかがでしょうか。
自分で取り付けるのはちょっと……という方は、バイクショップなどに相談してみましょう。