Uターン上達のコツ

まっすぐ進むよりも難しい

バイクのUターンは難しいものであり、これは通常まっすぐ進むよりもスピードが遅く、短距離を一気に方向転換しないとならないためです。
低速でバランスを保って行うテクニックであり、慣れないとエンストしたり思い描いたとおりに曲がれなかったりします。

コツとしてはスロットルとクラッチとリアブレーキの操作方法を覚えると、スムーズに曲がれるようになります。
しかし急に小回りをきかせてUターンしようと思っても、初心者には無理な話なので、まずは大きくUターンする練習から始めましょう。

何が何でもUターン出来ないといけないということはありません。
Uターンも方向転換の一つなので、もしも方向を変えたいと思うなら、大回りで方向転換しても良いのです。
しかしUターン出来るようになれば、自分の運転テクニックにも自信が付き、いざと言うときに役立つかもしれません。

Uターンの練習方法

まずは車体を垂直に立てたまま、ゆっくりとターンしてみましょう。
自信がないなら、バイクから降りて押して進ませてターンして、感覚を掴んでみましょう。
これが出来て慣れてきたら、今度は徐々にターンする半径を小さくしていきます。
リアブレーキで速度を調節しながら、半クラッチで動力を緩和します。
上体は進行方向に向いて目線は90度ぐらい先を見ます。
練習するときは、右ターンも左ターンも両方出来るように練習すると良いです。

練習を開始するときは、まずは足を地面に付けて、車体を垂直に傾けて、ハンドルを曲げてゆっくりとターンします。
足が付いていれば転倒の心配もなくなります。
急なクラッチやブレーキは転倒しやすくなるので、注意しましょう。
曲がるときは顔の向きも重要であり、曲がりたい方向に顔を向けます。
最初の慣れない間は、オーバーなぐらい顔を動かすと車体が安定して良いです。

初心者でUターンに慣れないときは、必ず見通しの良い場所で、さらに天候の良い日に行いましょう。
そしてUターンは通常のターン以外にもいくつかあります。

・降りてターン
バイクに座ったままターンが厳しいと感じたときは、無理せずにバイクを押してターンします。
体もバイクと密着させてゆっくりターンします。

・足付きターン
Uターンに自信がないときや路面状態が悪いときは、足を付いた上体で、足を軸にしてターンします。
このときはクラッチやスロットルの操作は確実に行いましょう。

・下りターン
下り坂でのターンです。
リアブレーキは使わずに、フロントブレーキの操作でターンします。

・上りターン
上り坂でのターンです。
どうしても上り坂では旋回半径が大きくなりがちであり、必ず山側に足を付けてターンします。
上り坂を越えると下り坂になり、スピードも出るので注意しましょう。