オフロードバイクは何が違う?

オフロードバイクとは

オフロードバイクというのは、
きちんと舗装されていない道路を走るためのバイクのこと。

通常のバイクは、舗装されたアスファルトを走ることを前提に作られていますが、
これらのバイクでそのまま走るのはとても危険なこと。そして、舗装されていない道路を
走るのに適したバイクが、オフロードバイクということになります。

オフロードバイクにはさまざまな種類がありますが、いずれも社交が高く、
大きな石などがあっても転倒しない造りになっています。代表的なものでは、
BMWやホンダ、ベータといったメーカーから発売されていて、
デザインもメーカーごとに特徴がありますよ。

オフロードバイクで実際にどんな道を走るかというと、基本的には林道などのコースが中心となります。
林道というのは、木の根が出ていたり、大きな石や岩があったり、あるいは道がぬかるんでいたり・・・と、
ともかく障害が多いもの。それらを、バイクの性能と乗り手のテクニックでクリアしていくのが
オフロードのだいご味といえるでしょう。

上達する方法

また、さらにテクニックを磨きたい場合には、
オフロードバイクで山を登る「ヒルクライム」に挑戦してみるのもいいかもしれません。
ヒルクライムは、かなり急な坂道をバイクで駆け上がることになるので、高度なテクニックが必要。
でも、それだけにとても達成感の大きいものでもありますよ。

さらに上級者になると、オフロードバイクで雪道を走ることも可能。
こちらはスタッドレスタイヤやチェーンの装着、あるいはスパイクタイヤを履いた状態で走ることが
条件となりますが、装備とテクニックがあればかなり困難な場所でもバイクで移動することが
可能というわけです。

オフロードバイクに乗って野外を走るときは、
バイクに取り付ける装備やパーツ類もオフロードに合わせてきちんと整えることが大切です。
例えば、オフロードに適した頑丈なヘルメットやプロテクターが入ってきちんと手を保護してくれるグローブ、
あるいは荷物をきちんと安全に運ぶことのできるキャリアなど、必要な装備をあらかじめきちんと確認し、
取り付けることが欠かせません。

とはいえ、オフロードバイクはできる限り身軽にしておくことも、快適で安全に走る上では欠かせません。
必要なものをきちんと絞り込み、なおかつ安全を守るための装備を身につけることが欠かせないのでは
ないでしょうか。