風の強い日でもバイクには乗れる?

寒さとバイク

冬はバイク乗りにとって、あまり楽しいとは言えない季節。
まず、ともかく寒いので、ツーリングには向いていません。

防寒用のツーリングウエアやグリップヒーター、防寒用のグローブなどもありますが、
そういったもので対策をとっても、まだまだ寒さが解消しきれないというのが現状ではないでしょうか。

もちろん、それでも冬もバイクに乗る!という人もいますし、
ワカサギ釣りなど冬しかできないレジャーを楽しむ人もいるでしょう。
しかし、寒さが苦手なバイク乗りにのって、冬はバイクやツーリングのオフシーズン・・・
となってしまうのも致し方ないもの。

そして、そのような「冬はバイクのオフシーズン」という人にとって、
春の訪れはとても待ち遠しいものではないでしょうか。

しかし、春になったからといってすぐにバイクに乗ることができるかというと、そうでもないのです。
春になると、寒さがやわらぐかわりに、今度は風が強くなるのです。春先に吹く風というのは、
強さが安定しておらず、突風になることが多いのでとてもやっかい。
急に風が強くなれば、バイクがあおられてしまう可能性があり、とても危険なのです。

バイク初心者や、車体が小さめのバイクに乗っている場合は、
そのような時は乗らないようにするのがもっとも安全なこと。
せっかくあたたかくなったのに残念が気がするのも分からないではないですが、
やはり安全が一番なのです。

いつから乗り始めるのが良い?

そして、バイクに乗るのは気候もよく、風も吹かなくなる
ゴールデンウィーク頃からにするのが、もっとも安全な方法なのではないでしょうか?
この時期になれば、比較的標高の高い場所まで行っても、急に寒くなる心配もなく、
夜でもそれほど厚着を必要としないので荷物も少なくてすみます。

また、通勤や出かけてしまった帰りに急に風が強くなったなどの理由で
どうしても風の強い状況でバイクに乗らなくてはならなくなった時には、乗り方にコツが必要です。

下半身でしっかりとバイクをホールドし、倒れそうになった時には上半身ではなく、
下半身を使って車体のコントロールを行なうようにすると、比較的バランスを保ちやすいと言われています。

また、もし風の強い状況で乗らなくてはならないことがあらかじめ予測できるのであれば、
安定感のある車種を選ぶようにすることも賢い選択かもしれません。