バイクの所有率が高い国はここ

バイクの渋滞

日本では、「渋滞」というと車の渋滞を思い浮かべるでしょう。
バイクはその間を縫って移動することができるので、渋滞に強いという人もいるほど。
しかし、国が違えばバイク事情が変わってくる様に、
アジアには「バイクの所有率が非常に高い」という国も存在します。

まず、バイク大国で有名なのがベトナム。
ベトナム旅行に行ったことがある人の多くが、「バイクの多さに驚いた」というほとです。
道路はいつもバイクでいっぱいになっており、少し列が動いたと思うと横から別のバイクが入ってくる・・・
という状態。

バイクが道路を埋め尽くすという光景は、日本人から見れば非常に驚くものですが、
ベトナムではこれが普通。日本では、きちんと外側を向けてつけているミラーも、
ベトナムの渋滞では「別のバイクにぶつかってしまう可能性があるから」と内向きにつけることも。
ホーチミン市の映像を見ても、凄い勢いで多くのバイクが走る姿を見ることができます。

これだけ多くのバイクが走っていると、一緒に道路を走る車も大変。
車は隣や前後を走るオートバイにぶつからない様に、細心の注意をはらわなくてはなりません。
しかし、ぶつかったとしてもあまり気にしないのもベトナム。
ちょっとこすったくらいではなんとも思わず、普通に通り過ぎてしまうことも多いのだとか。

更に問題となっているのが、このバイクの多さに反比例して信号が少ないということです。
バイクがビュンビュン走っているのに、信号がないため、歩行者はタイミングを見計らって渡らなければ
なりません。渡らないとお店に行くことができないので、どうにかこうにか渡るのですが、
道路を渡るのは命がけです。

インド

そして、インドもバイクが多い国として有名ですね。
たくさんバイクが走っているのに、ヘルメットをつけずに二人乗りが当たり前のインド。
事故が起きたら大変だ・・・と日本人なら心配になると思います。

そんなインドで、ホンダが四万円台のバイクを発売というニュースが出ました。
低所得層に向けてつくったバイクです。こうしたバイクが発売されるということ自体、
インドでどれだけ多くのバイクが走っているかを伺うことができます。

スズキもインドにバイク用の工場を作るなど、二輪車ブランドがインドにこぞって
進出していることからも、インドでのバイク事情を伺うことができるのではないでしょうか。